会長あいさつ 沿  革 事業内容 役員一覧 加盟校一覧 規  約
 昭和52年10月 山形県高等学校文化連盟が設立された。全国では6番目、東北地区では最初の結成である。事務局を県高校長会事務局に置き、笠原二郎山形西高校長が初代会長に選任された。
加盟73校(県立校54校、市立校2校、私立校14校、特殊学校3校)5専門部(合唱、美術、書道、演劇、ブラスバンド)で発足する。
 昭和52年11月 第1回山形県高等学校芸術祭が米沢市民会館で開催される。公演部門(演劇・合唱・吹奏楽)以後、田川、村山、最北、飽海の5地区輪番で開催することとなる。
 昭和53年 9月 第2回山形県高等学校芸術祭が鶴岡市民文化会館で開催される。公演部門に美術・書道の展示部門が加わった。山形県高等学校芸術祭開催要項を制定する。
 昭和54年 6月 第2代会長に誉田慶恩山形西高校長が選任され、以後、会長所在校に事務局を置くこととなる。
 昭和54年11月 新聞、科学専門部が加盟し7専門部となる。
 昭和55年 4月 生徒表彰規程を制定する。
 昭和56年 4月 山形県高等学校芸術祭実行委員会規約を制定する。
 昭和59年 2月 専門部設置規程を制定する。管弦楽専門部を加え8専門部となる。
 昭和61年 2月 全国高等学校文化連盟が設立される。
 昭和63年 2月 放送専門部が加盟し、9専門部となる。
 平成元年 4月 第5代会長に渡辺宏山形北高校長が選任され、事務局を山形北高校に移す。
 平成 2年 4月 管弦楽専門部にマンドリン部を附設する。
 平成 4年 2月 県高等学校芸術祭を県高等学校総合文化祭と名称変更する。
 平成 4年10月 東北六県高文連会長会議にて懸案事項であった、平成11年全国高校文化祭の開催県として、山形県を推薦することが決定した。
 平成 5年 6月 第1回全国高等学校総合文化祭準備委員会設立会議を開催する。
全国高文連会長あて「平成11年度全国高等学校総合文化祭開催申請書」を提出する。
 平成 6年 2月 地区高文連を整備し、各校に学校代表理事を置くなど組織を改正する。また、会費を値上げし財政基盤を確立する。以後、未設置専門部を早期に設置し専門部の拡充につとめる。
 平成 6年 5月 全国高文連評議員会にて平成11年度開催県として山形県が内定する。
 平成 6年 9月 第2回理事会にて県高文祭の見直し(開祭式の形式の変更)が決定される。
 平成 6年11月 東北地区高等学校文化連盟設立理事会を青森県で開催する。
 平成 7年 2月 囲碁、日本音楽、将棋専門部が加盟し、12専門部となる。
 平成 7年 5月 マーチングバンド・バトントワリング専門部が加盟し、13専門部となる。
 平成 7年10月 第19回県高総文祭最北大会より、開閉祭式を統一テーマによる総合舞台とする。
 平成 8年 2月 写真、郷土芸能、小倉百人一首かるた、弁論、吟詠剣詩舞専門部が加盟し、18専門部となる。
 平成 8年 4月 理事制を導入し、宝崎幸雄山形北高校教頭が初代理事長に就任する。
 平成 8年 7月 山形県高等学校文化連盟マークを決定する。
 平成 9年 2月 茶道専門部が加盟し、19専門部となる。県高総文祭の閉祭式は、各部門で行うこととする。
 平成10年 2月 文芸、華道専門部が加盟し、21専門部となる。
 平成11年 4月 県高等学校総合文化祭開催基準要項、実行委員会規程、実行委員会事務局規程を制定する。
 平成11年 7月 第23回全国高等学校総合文化祭山形大会が開催される。
 平成17年 2月 表彰規程及び同実施要綱を制定する。
 平成19年 6月 山形県高等学校文化連盟公式ホームページを公開する。
 平成20年 2月 『高文連30周年記念誌』発行
 平成21年 5月 全国高等学校文化連盟に自然科学専門部が設置され、本県科学専門部も加盟する。
 平成22年 2月 平成22年度より、教職員からも会費を徴収することを決定し、財政基盤を確立する。
 
Copyright©山形県高等学校文化連盟 2007- All Rights Reserved